校章

飯田市立竜丘小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2565 飯田市桐林336 TEL 0265-26-9036 FAX 0265-26-7179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2014 年 6 月 のアーカイブ

丘の子だより6月号平成26年度

丘の子だより6月号-6月号-① 6月10日

丘の子だより6月号-6月号-② 6月30日

ページの先頭にもどる

水泳学習開始!

プール開き

6月18日(水)の朝に、プール開きがありました。教室で裸足になり、紅白帽子を被ってプールサイドに集合しました。プール開きでは、各学年代表児童による水泳学習のめあての発表や、係の先生や校長先生のお話をお聞きしました。みんなが楽しめる水泳学習にするために、一人一人が安全に気をつけてめあてを持って取り組むこと等をお聞きしました。

水泳 そして木曜日の5時間目には、今年度最初の水泳がありました。6月にはいり日中の気温が日に日に高くなっている中で、汗をたくさんかきながら遊んでいた子どもたち。やっとプールにはいれるのが嬉しくてたまらないようで、給食休みの時間にトイレで水着に着替えてスタンバイしている子もいました。5時間目直前で急に曇ってきて心配しましたが、少し肌寒い中無事に行うことができました。

最初に、主任の先生から水泳学習に向けての心構えをお聞きしました。楽しい反面、一歩間違えるとけがや大きな事故にもつながりやすい水泳。そのため、ふざけていたり話を聞かなかったりする子にはいつも以上に厳しく指導をしていくこと、場合によってはプールにも入らせないこと等、大切なお話ばかりでした。子どもたちも真剣に聞くことができていました。その後、クロールや平泳ぎなどの自由な泳ぎ方で25mを何回か泳いだ後、10分間の自由時間をとりました。寒い子はタオルにくるまって暖をとっていましたが、ほとんどの子が最後まで楽しんで遊んでいました。来週から本格的に水泳学習が始まっていく予定です。安全には十分に気をつけながらやっていきたいと思います。お家の方にはお洗濯でお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

 

ページの先頭にもどる

学校田に田植えをしました。

P1040058

 11日には雨が心配されましたが、何とか5年3学級全ての田植えが完了しました。社会見学に続き、子どもたちのパワーが悪天候を吹き飛ばしてくれたようです。

 今回は、もみから育てた苗を15cm間隔で1列ずつ植えていきました。3~5本の苗を3本の指でつまんで、土の中にさしていく手つきがだんだん上手になっていくのが分かりました。

 先日のプール清掃もそうでしたが、5年生はPTA作業や畦シート張りなどの体を使った作業をとてもテキパキとやってくれます。働き者がいっぱいで、とても感心しています。

 特に、田植えの作業は気に入ったようで、「もっとやりたーい。」の声がたくさん聞かれました。次は、水管理や草取りです。こまめに様子を見に行き、上手に育てていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

社会科見学に行ってきました。

CIMG8197CIMG8200 梅雨入り宣言も出て、天気予報も傘マーク、「せめて大雨でなければ」と覚悟していた天候も、子どもたちの行いがよほど良かったのか、社会科見学当日の6日は「奇跡のような好天になりました。
朝、出発の会の時には降っていた雨が、恵那山トンネルを通過すると、うそのような青空でびっくりでした。最初の目的地トヨタ自動車高岡工場では、バスごとに分かれて、1時間以上かけてじっくりと自動車が組み立てられる様子を見ました。メモなどはできないルールでしたが、ジャストインタイム、ひもスイッチやあんどん方式など、様々な工夫を見たり、聞いたり、体験したりすることで実感できました。実は部品のいくつかは飯田下伊那でも作られているので、そんなことも含めて、後日社会科でじっくり学習したいと思います。
南知多ビーチランドでは、一緒に見学した女子高生のテンションの高さに圧倒されながらも、イルカショーを楽しんだり、生き物とのふれあいを楽しんだりできました。
最後の豊浜漁港では、水揚げされたばかりの魚を間近に見ながら、市場の人に「これは何という魚ですか?」と質問したり、せりの様子を見て「何を言っているのだろう」と疑問を持った子もいました。係活動に取り組めた子もたくさんいて、修学旅行に向けて成果の見えた1日になりました。

ページの先頭にもどる

学校田の代かきをしました。

P1030837梅雨入り前の貴重な晴れ間を利用して、4日の1時間目は、5年生の風物詩の一つとなった「代かき=泥遊び」がありました。朝学校に来る前から、水着を着込んでくる子もいるなど意欲満々!足取りも軽く、田んぼに到着しました。
それからは歓声が響き渡りました。1分後には、何人かが泥の中に滑り込みをしていました。最初はこわごわ様子を見ていた子も、この姿に勇気づけられたのか、次々に田んぼの中を走り回り始めました。「つま先で歩くと歩きやすいよ」と、もうコツをつかんでいる子もいました。まるで50m走のように全力疾走で競争する子、田んぼの中をミズスマシのように悠々と泳いでいる子。泥玉を投げ合っては大歓声をあげる子ども、まさに子どもらしさ全開の時間になりました。私もたくさんの泥を塗りつけられて変わり果てた姿になりました・・・。その後、重い足取りで学校に戻り、やっとの思いで全身を洗いました。体のくさいにおいはなかなかとれませんでしたが、心はさわやかでした。

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->