校章

飯田市立竜丘小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2565 飯田市桐林336 TEL 0265-26-9036 FAX 0265-26-7179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 10 月 のアーカイブ

持久走大会

秋晴れの中、全校参加して持久走大会を行いました。マラソン大会です。以前より走る距離は短くなってきていますが、連学年毎、近隣の畑の中を走る指導を使って、1・2年生は1周、3・4年生は2周、5・6年生は3周走りました。沿道には応援に来ていただいた保護者の皆さんや、仮装した保育園児が並び、子どもたちの頑張りを後押ししていただきました。その追い風のおかげで、目標を上回る子どもたちが多かったようです。応援ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

より深い学びづくりのために(国語)

今日は、先生達の授業研究会を行いました。6年生の国語の単元で、よりよい学びにつながるよう、職員同士で意見交換したり、指導主事の先生からいろいろ教えていただいたりしました。今回は、国語の話し合い活動をよりよくするためにはどうしたらよいかをテーマに研修しました。話し合いは、主体的で対話的な学びには必要不可欠な活動です。6年生の授業を全校の先生方で参観しましたが、とても上手に話し合いを進めていました。

ページの先頭にもどる

お買い物

2年生は、11月2日(火)に生活科遠足に行きます。今日は、その時のおやつを「あいぱん」に買いに行きました。これも生活科の学習の一つ。決められた額の中で何を何個買うのか、実際にお店に行ってお菓子を前に「どれにしようかな」。生活科遠足の楽しみが増すような、すてきなお菓子を買うことができたようです。他のお客さんに迷惑をかけず、お邪魔にならず買い物もできたようです。支払いはお店の方だったり、自動支払機だったり、いろいろ体験できました。

ページの先頭にもどる

4組豊作

4組(特別支援学級)の仲間が、サツマイモを収穫しました。ツルが立派で畑いっぱい覆い尽くすくらい育っていました。さあ、どんなサツマイモが出てくるのか。今回は「シルクスイート」という品種のサツマイモを育てました。焼き芋にするととっても甘くておいしいようです。結構大きな真っ赤なお芋がたくさん収穫できました。掘り当てた子どもたちの表情が、ホクホクしていました。

ページの先頭にもどる

ペットボトルキャップ

リサイクル委員会で、3日間ペットボトルキャップ集めを行いました。ペットボトルキャップ4㎏でポリオワクチン1本と交換できます。短期間でしたが、約80㎏回収できました。ポリオワクチン20本分送ることができます。毎朝、お家にある分を袋に入れて持ってきてくれました。委員の子どもが受け付けるのが大変なほど。皆さんご協力ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

交通安全

今日は、連学年毎、交通安全教室を行いました。今回は、交通安全教育支援センターの指導員さん3名に来ていただき、見通しの悪いところでの歩き方、安全な自転車の乗り方など教えていただきました。実際の自転車を使ったり動画を見たり、振り返りシートなども使って自分の安全意識を見直しました。竜丘地域は交通量が多く、交通事故の心配が排除できません。「自分の命は自分で守る」ことを第一にしながら、地域のぶらきょろ隊の方々と協力して交通事故“0”を目指します。

ページの先頭にもどる

発明大賞

3年生の下平さんは、飯田市の発明クラブに参加しています。今回発明した「空き缶潰し」が、この度、長野県発明協会会長賞を受賞しました。おめでとうございます。校長先生からも表彰していただきました。簡単な仕組みの中に、きれいに缶が潰れる仕組みが採り入れられた実用的な発明です。これからもたくさん便利なものを発明してくれることでしょう。

 

ページの先頭にもどる

風の力

3年生の理科で、風を使って車を動かす実験をしていました。数人で廊下に並んで、うちわであおいで走らせていました。どのように風を送ればよりよく走るのか、うちわをどう使うのか、いろいろ試しながらよりよい方法を探究していました。誰が一番進めるのが早いか競争に発展。意外に小刻みにあおいだ方がよく走るようです。楽しそうに学んでいました。

 

 

ページの先頭にもどる

古式脱穀

5年生が稲刈りして天日干ししてあったものを、昔ながらの方法と近代の機械技術とで脱穀しました。学校には千歯扱きと足踏み脱穀機があります。足踏み脱穀機の威力や千歯扱きの工夫のよさなど、先人の知恵も学ぶことができました。稲わらを集めて枕にしたいという子どももおり、いろいろ形で脱穀を楽しんでいました。近くの竜丘保育園の友だちも様子を見に来てくれたり、千歯扱きを体験していました。

ページの先頭にもどる

畑じまい

3年生は、自分たちが育てた作物が全て収穫を終え、冬を前に畑の片付けをしていました。今年は、畑の位置や作りたい作物を全部自分たちで決め、水やりや草取りに自主的に取り組み育ててきた作物達。その思いが分かったかのように、たくさんのキュウリやトマトをならせていました。育てるだけでなく、畑の後始末もしっかりできるようにと、草取りやマルチ片付けをしていました。来年も、おいしい作物がたくさん収穫できるといいね。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->