校章

飯田市立竜丘小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2565 飯田市桐林336 TEL 0265-26-9036 FAX 0265-26-7179

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

‘今日の出来事’ カテゴリーのアーカイブ

TKB48

7月22日(木) 夏休みに入っていますが、6年生は、鵞流峡復活プロジェクトで間伐された竹を使った避難所用のパーティションづくりの体験を、プロジェクトの方々に教えてもらいました。また、飯田市危機管理室の方から、避難所とは何か、「TKB48」を目標にした避難所運営についても学びました。「TKB48」とは、T:トイレ・K:キッチン(食事)・B:ベット(睡眠の確保)・48:48時間以内に設置の意味だそうです。子どもたちは意欲的に関わりながら学んでいました。災害が発生して、実際にここで学んだことが生かされないことを祈るばかりですが、被災された方々の健康や生活を守るために、自治体や地域がどのような準備と努力を見えないところで進めているか、よくよく分かりました。「いざ」というときに、慌てず冷静に対応できる力をつけるためにも、この学びは有効です。ちなみに、この日の夕食は、白飯のおにぎり2個(持参)でした。これも、災害時の食事の不自由さを体験する目的がありました。私たちが安心して普通の生活を送れているのも、いろいろな方々の見えない努力や気配りに支えられているんだなあと感じられた一時でした。

その後は、暗くなった校地内で、学年交流会を行い、楽しいひとときを6年全員で満喫しました。担任の先生方も、このよき学びを支えてくれました。

ページの先頭にもどる

丘の子サポーター

7月21日(水)夏休み1日目に、学校職員と「丘の子サポーターとの交流会」を今年は行いました。

「丘の子サポーター」とは、竜丘小学校の子どもたち「丘の子」の活動を支えていただいている地域の方々の総称です。今回の交流会は、教科学習やクラブ活動、丘のみちしるべ探索に学習ボランティア、いろいろな立場や関わりで支えている方々と、コミュニティースクールの運営や願う子どもの姿について意見交換を行うことが目的です。合わせて60名近くの方が参加してくれました。6つのグループに分かれて話し合いを行いましたが、40分では時間が足りないくらいでした。このところのコロナ禍で、行事の中止や簡略化によってなかなかゆっくり地域の方とお話しする機会が無く、とてもよい時間になりました。ここで意見交換できたことを、今後の学校運営やコミュニティースクールに生かしていこうと思います。

ページの先頭にもどる

一学期終業式

7月20日(火)に一学期終業式を行いました。飯田下伊那地域が感染警戒レベル1であること、新規感染者がこのところ連続して「0」であることをもとに、換気や手指消毒、座る距離などに配慮して、今年初めて全校で参集して行いました。

2名の児童代表が、一学期を振り返ってくれました。2年生の女子は、「七夕屋が楽しかった。」「プールで顔が浸けられるようになった」と振り返っていました。6年生女子は、「委員会三役で協力して、よりよい学校にしていきたい」「漢字の点数がよくなった。今後も練習を頑張りたい」と二学期に向けて意欲を示してくれました。

校長先生は、「こんなに竜丘小学校は子どもがいたんだね」と、全校で集まれたことにニコニコしながら話を始めました。一学期の生活を振り返りながら、子どもたちの伸びを具体的に褒めてくれました。また、今日の体育館への集合の仕方や話を聞く態度についても、「最初に来た学年が静かに待っていて、いい雰囲気を作ってくれてすばらしい」「1年生も校長先生のお話をじっと聞いてくれていてうれしい」と褒めてくれました。

全校で校歌も歌い、体育館中に素敵な歌声が響き渡りました。少しずつ、普段の学校がもどってきているようで、ついつい目頭が熱くなります。

夏休みは7月21日(水)~8月19日(木)までの30日間です。交通事故に気をつけ、安全な充実した生活が送れることを願っています。

下校の時には、「また!」「元気でな」等と声を掛け合いながら声を弾まし帰路に向かう姿がありました。夏休みの課題も頑張ってくださいね。

それではみなさん、よい夏休みをお過ごしください。

 

ページの先頭にもどる

ジャガイモ料理

2年生は、7月16日(金)に4種類のジャガイモを収穫し、土日に持ち帰ったジャガイモを使って、お家の人と調理して食べてみました。その記録を個人タブレットでまとめました。さまざまな 調理の仕方があり、4種類のジャガイモをうまく組み合わせた料理がたくさん。お家の方のご協力に感謝です。ほんの一部ですが、子どもたちが写真と共にまとめたものを紹介します。

ページの先頭にもどる

竹筏造船

6年生は、7月16日(金)に鵞流峡復活プロジェクトの方々に竹を使った筏づくりを教えてもらい体験しました。間伐した太い孟宗竹を10本程度組み合わせてまとめます。3人乗ったくらいでは沈みません。早速3クラス対抗筏レースの開始。今回、飯田OIDE長姫高校3年生の探究学習で竜丘のことが学んでいる8人の高校生も参加して、水の中で交流し大変盛り上がりました。校長先生も子どもたちの誘いで竹筏に乗ってみました、が、その後大変なことに…子どもたちの念願が叶った瞬間があったようです。今回の体験活動も、大変楽しい思い出深いものになったようです。

ページの先頭にもどる

お宝発掘

7月16日(金)に、2年生はジャガイモの収穫を行いました。種類は、男爵にきたあかりの定番のジャガイモ。それ以外に、黒っぽく見えるけれど紫色の「シャドークイーン」に、ピンク色した「ノーザンルビー」という品種もありました。茶色の畑に、白や黄色のジャガイモがゴロゴロ出てくるいつもの景色でなく、黒やピンクが点在していて、「お宝、お宝」と子どもたちが口々にしながら掘り出す姿からも、発掘のような風景になっていました。梅雨明けの今日、暑さも忘れてひたすら掘り続けていました。   これを持ち帰って、お家の方と一緒に調理するそうです。タブレットにその記録をしてくることがこの週末の課題のようですが、どんな料理ができて、感想があるのか楽しみですね。カレーにしたら、色は紫やピンクになるのでしょうか。

ページの先頭にもどる

思いのまま描く(自由画)

7月15日(木)に飯田市美術博物館 槇村洋介学芸員さんを迎えて職員研修を行いました。昔の竜丘小学校で盛んに行われていた「自由画教育」について、明治から大正期までの臨画(りんが)を描く指導法から、子どもが書きたいものを書く自由画の考え方やその作品について教えていただきました。校長室前には、本校で自由画教育を先導した木下紫水先生の写真や当時の作品が常時展示されています。しかし、詳しいことまで知らない職員も少なくないので、150周年を迎える今、よい学びの機会となりました。現代は自由画です。しかし、もう自由画という言い方はしません(それが当たり前の時代になっている)が、 現代の先駆けがこの竜丘小学校で進められていたことになります。全国的にも先進的で、その当時の作品が300点近く保存されているのも全国的にも珍しいそうです。

本校には自由画の部屋があります。その保存を竜丘地区の自由画顕彰委員会の方々中心に進められています。子どもたちにも、それにふれる時間を作ってあげたいと考えています。今の子どもたちの作品も個性豊かです。自由に、思い思いに制作しています。

 

ページの先頭にもどる

ダンゴムシの秘技

朝、昇降口前であいさつ運動をしていると、いつもいろいろ持って登校してくる女の子が、「見てダンゴムシ」と立派なダンゴムシを連れてきました。おまけに小さな青い石を持っていました。するとその女の子は、ダンゴムシをひっくり返しに持って、ダンゴムシの足の上に青い小さな石を置くと、あら不思議、石がクルクル回り始めるではありませんか。大道芸でしょうか、それとも筋トレしているのでしょうか、何本もの足を動かして器用に回すのです。(ダンゴムシは回しているつもりは無いと思いますが)意外な特技を発見した女の子は、いつの以上に誇らしげに昇降口を入っていきました。夏休みの一研究におすすめします。

ページの先頭にもどる

二次性徴

4年生くらいになると、男子・女子で体つきが変わってきます。これが二次性徴の始まりです。今日は、4年生2クラスでその学習を行いました。まず保健の先生からお話を聞いた後、クラスに分かれて男性・女性の体の違いや変化について学びました。体の変化だけではなく、心の変化も起きてきます。思春期ともいわれるものですが、自分自身を客観的に見る力がついてくることや感情的な波が大きくなってくるこの時期、友だちとのトラブルも増えてきます。よりよくこの時期を過ごすためにも、大切な学習の一つを進めました。

ページの先頭にもどる

YOU・遊

毎週水曜日、15:40~校内で、地域の方々による放課後子ども教室「丘の子YOU遊」が行われています。毎回楽しい活動が用意されています。

今回は、バドミントン・野球・勾玉づくりを行いました。勾玉は、学校と公民館と2会場に分かれて行うほどの人気です。前回大体の形に切り取ったものを、今日はヤスリで磨きました。勾玉は翡翠(ひすい)で作られたものが有名ですが、翡翠はとても硬い。子どもたちは、「ろう石」という比較的柔らかい石を使います。白や灰色、中には赤色黄色のものもあり、いろいろ色鮮やかでした。仕上げに少し色を足して完成。昔の人の宝飾品づくりを楽しんでいました。

ページの先頭にもどる